■効率のよい輸送体制を

 城江急行本線は、城江〜鹿野平の長距離都市間輸送を目的とする「特急」、烏宮市や宿井市の通勤通学輸送が役目の「急行」「準急」「通勤準急」、城江市近郊の近距離輸送を担う「各駅停車」の3つに大別することができます。基本的に沿線からの乗客の目的地は「城江」「県庁前」「淵田小路」のターミナル側3駅に集中するため、この3駅からそれぞれの駅への輸送に重点を置いたダイヤが組まれます。

 本線を全線走行する各駅停車は存在せず、各駅停車が本数を減らす末端区間では優等種別が各駅停車としての役目を果たしており、殆どの駅から乗り換えなしでターミナルに一番先に到着するダイヤとなっています。
 利用し易いダイヤとして、それぞれの乗客の目的地に応じた列車は走らせ、緩急接続での乗り換えの手間を極力省き、効率の良い乗降を促したい、と城江急行は考えているようです。



▲準急は本宿井以東、急行は烏宮以東で各駅に停車し、その区間での各駅停車としての役割を果たします。

■烏宮で分離される運転系統

 城江から烏宮までのダイヤは城江都市圏の通勤電車としての表情を色濃く反映していますが、烏宮以東は列車本数が段落ちし、ローカル線としての表情を強くしています。これは、烏宮以東の閑散区間は国定公園に指定され、思うように開発が進まず沿線人口が極端に少ない事に起因します。乗客の需要が烏宮で細くなるため、烏宮で特急、急行を除くすべての列車の運転系統が分離されます。8両編成は烏宮以東では輸送力過剰になるためです。


 一般的に城江への通勤圏とされているのは奥白荻までであり、奥白荻までは少なくとも1時間に2本以上の本数を確保しているものの、烏宮以東の特急通過駅では各駅停車利用だと烏宮駅での乗り換えが生じ、不便を強いられています。そのような理由から、烏宮以東の特急通過駅への救済策として、申し訳程度に白荻町発の急行が1時間に1本設定されました。



▲通過待ちの設備はあるが緩急接続のとれる駅が少ないのがダイヤ構成上のネックです。

■短所は緩急接続駅の少なさ

 須沼線との複々線区間においては本線同士での緩急接続を行わないため、緩急接続できる駅が少ない事が本線のダイヤ上のネックでしょう。すべての利用客がターミナルを目指すのであれば問題はないのですが、沿線から優等通過駅に移動する場合は目的地によっては利用しずらい状況となっています。


 ただ、緩急接続駅を少なくすることによって、ラッシュ時に優等種別へ利用客が集中することを防ぐことができ、短所ばかりでもないようです。
 すべての利用客のニーズに合わせたダイヤグラムを組むことは不可能であり、ターミナル利用者と沿線駅間利用者のバランスの見極めが重要でしょう。






inserted by FC2 system